のびのび子育て帳

  • 文字の大きさをかえる

学校

就学援助制度

お子さんを村内小・中学校に在学させる保護者のうち,経済的な理由で就学に必要な費用の支出が困難な方に対し,その費用の援助を行っております。
この制度は,「要保護及び準要保護児童生徒就学援助制度」といいます。

制度の目的

経済的な理由により,給食費,学習に必要な学用品等の購入,遠足・校外学習等の参加に必要な費用の支出が困難な保護者に対し,その費用の一部を援助し,すべての児童生徒が義務教育を等しく受けることができるようにします。

制度の対象となる児童生徒

(1)要保護児童生徒 生活保護法の規定による保護を受けている児童生徒
(2)準要保護児童生徒 経済的に生活保護法の規定による保護を受けている世帯に準ずる程度に困窮していると認められる児童生徒

援助される費用

(1)要保護児童生徒 修学旅行費,医療費(学校保健法に定める疾病)が援助されます。
(2)準要保護児童生徒 学校給食費,学用品費,通学用品費,校外活動費(遠足等),宿泊学習費,修学旅行費,医療費(学校保健安全法に定める疾病)が援助されます。
新入学児童生徒には,新入学児童生徒学用品費があわせて援助されます。

援助の申し込み方法

就学援助を希望される場合は,お子さんの在籍する小・中学校にご相談ください。
なお,前年度に認定を受けた方も,引き続き援助を希望される場合には,申請が必要となります。年度末に教育委員会で継続の確認をいたしますので,申請書をご提出ください。

認定方法と援助の方法

東海村教育委員会が家庭状況,所得調査,民生委員及び学校の意見を基に総合的に判断し,毎月1回開催される定例教育委員会にて認定しております。申し込みがあった場合,担当民生委員が家庭訪問いたしますので調査にご協力ください。援助費の支給は,各学期終了後に申請者(児童生徒の保護者)の口座に振込みで支給します。ただし,学校への未納がある場合は,未納分を学校に振り込んだ後,差額を申請者に支給します。

 

認定方法と援助の方法

4月 5~6月 6月 7月 8月下旬~9月上旬 1月中旬 3月下旬
申請書提出 担当民生委員に
よる家庭訪問
所得調査 認定審査 1学期分支給 2学期分支給 3学期分支給

 

注意事項

(1)年度途中からでも申し込むことができます。その場合,援助費は,申し込み月から月額計算で支払われることになります。
(2)村外の学校に転校される場合には,村内小中学校に在籍した期間のみが援助の対象となります。
(3)婚姻等,家庭の状況に変化があった場合には,再度,認定審査が必要となります。

【このページについてのお問い合わせ先】

学校教育課

TEL 029-287-0849

 

より良いサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください。

【質問1】 このサイトの情報は満足しましたか?(必須)

 

【質問2】 お探しのページは見つけやすかったですか?(必須)

 

【質問3】 その他、お気づきの点があればご記入ください。