のびのび子育て帳

  • 文字の大きさをかえる

医療

ひとり親家庭の医療福祉費支給制度

「医療福祉費支給制度」は,健康保険(医療保険)で病院などにかかった自己負担分の費用の一部を公費で助成する制度で,通称「マル福」と呼ばれるものです。 1.対象になる方 18歳未満の児童がいる家庭で配偶者がいない親と監護しているその子。ただし,児童が高等学校等の学生またはある程度の障害の状態にある方の場合は,20歳未満まで... (続きを読む)

ひとり親家庭の医療福祉費支給制度

「医療福祉費支給制度」は,健康保険(医療保険)で病院などにかかった自己負担分の費用の一部を公費で助成する制度で,通称「マル福」と呼ばれるものです。 1.対象になる方 18歳未満の児童がいる家庭で配偶者がいない親と監護しているその子。ただし,児童が高等学校等の学生またはある程度の障害の状態にある方の場合は,20歳未満まで... (続きを読む)

休日診療

日曜日,祝日等の休日に,当番医(村内協力医療機関)による診療を行っています。 受付時間は,いずれの日も午前9時30分~正午,午後1時~2時です。   休日診療 日曜日,祝日などの休日に,当番医(村内協力医療機関)による診療を行っています。  受付時間は,いずれの日も午前9時30分~正午,午後1時~2時です。... (続きを読む)

妊産婦の医療福祉費支給制度

「医療福祉費支給制度」は,健康保険(医療保険)で病院などにかかった自己負担分の費用の一部を公費で助成する制度で,通称「マル福」と呼ばれるものです。前年の所得が茨城県の基準の所得制限を超えた場合には,東海村独自の医療福祉支給制度で,通称「マル特」が適用されます。 1.対象になる方 母子手帳の交付を受けた妊産婦で健康保険に... (続きを読む)

定期・法定外予防接種

定期予防接種 ★定期予防接種は生後2カ月から始まります★ 予防接種には,それぞれ対象年齢と標準的な接種年齢があります。 まずは,生後2か月過ぎから「ヒブワクチン」「小児用肺炎球菌ワクチン」の予防接種が受けられます。 乳幼児の予防接種は,種類・回数が多いので,体調を整えて受けましょう。 定期予防接種の「予診票」は,生後1... (続きを読む)

障がいがある方の医療福祉費支給制度

「医療福祉費支給制度」は,健康保険(医療保険)で病院などにかかった自己負担分の費用の一部を公費で助成する制度で,通称「マル福」と呼ばれるものです。前年の所得が茨城県の基準の所得制限を超え,1,000万円未満の場合には,東海村独自の医療福祉支給制度,通称「マル特」が適用されます。 1.対象になる方 身体障害者手帳1・2級... (続きを読む)

小児の医療福祉費支給制度

「医療福祉費支給制度」は,健康保険(医療保険)で病院などにかかった自己負担分の費用の一部を公費で助成する制度で,通称「マル福」と呼ばれるものです。前年の所得が茨城県の基準の所得制限を超えた場合には,東海村独自の医療福祉支給制度で,通称「マル特」が適用されます。 1.対象になる方 0歳から15歳までの小児 2.更新につい... (続きを読む)

自立支援医療(精神通院医療)

精神疾患(「てんかん」を含む)の治療を受けている方が,外来で保険適用の医療を受けた際,医療費の90%を保険と公費で負担する制度です。 この制度を利用すると,原則医療費10%を自己負担分として支払うことになります。 ただし,この制度が利用できるのは,茨城県が指定した医療機関等への通院による精神医療が行われたものに限られま... (続きを読む)

養育医療給付制度

「養育医療給付制度」は,身体の発育が未熟なまま生まれ,入院が必要と医師が認めた乳児に対して,諸機能を得るまでに必要な入院医療にかかる費用を,公費負担する制度です。   1.対象者の区分等 東海村に居住する乳児で,入院が必要と医師が認めた次のいずれかの症状のある方 生まれたときの体重が2,000グラム以下 生活... (続きを読む)