のびのび子育て帳

  • 文字の大きさをかえる

障がい児支援

特別児童扶養手当

特別児童扶養手当とは,精神,知的又は身体障害等のある20歳未満の児童の福祉の増進を図ることを目的として,児童の父母または養育者に対して手当を支給するものです。

1.支給対象

次のいずれかに該当する20歳未満の児童を監護している父または母,もしくは父母にかわって児童を養育している方

○身体障害者手帳1・2・3級程度の障がいのある児童
○療育手帳マルA・A・B程度の障がいのある児童
○精神障害者保健福祉手帳1・2級程度の障がいのある児童

○同程度の障がいのある児童

 

ただし,次のいずれかに該当するときは,手当を受けることができません。

○前年の所得が一定額以上のとき(「4.所得による支給制限」を参照)

○児童及び父,母又は養育者が日本に住んでいないとき

○児童が障害を理由として厚生年金などの年金を受けることができるとき

○児童が児童福祉施設に入所しているとき(親子入所は除きます)

2.支給額

等級

等級月額(児童1人あたり)

1級

53,700円

2級

35,760円

(令和5年4月分から)

3.支給日

4月,8月,11月の各11日(11日が土,日曜,休日に当たるときはその直前の日)にそれぞれ前月分までが届出のあった金融機関の口座に振り込まれます。

※諸事情により支払期に間に合わない場合は,随時の支払いとなります。

4.所得による支給制限

請求者や配偶者および扶養義務者の方の所得が下記表の限度額以上である場合は,その年度(8月から翌年7月まで)の手当の支給が停止となります。

扶養親族の数

請求者(本人)

配偶者および扶養義務者

0人

4,596,000円

6,287,000円

1人

4,976,000円

6,536,000円

2人

5,356,000円

6,749,000円

3人

5,736,000円

6,962,000円

4人

6,116,000円

7,175,000円

5人以上

以下380,000円ずつ加算

以下213,000円ずつ加算

[その他の加算]

○請求者本人    

  • 特定扶養親族がいる場合⇒1人につき25万円加算
  • 老人控除対象配偶者か老人扶養親族がいる場合⇒1人につき10万円加算

○配偶者・扶養義務者

  • 老人扶養親族がいる場合⇒1人につき6万円加算
    ※ただし,扶養親族が全員老人の場合,1人を除いた人数
    所得額=年間収入額-必要経費(給与所得控除等)-諸控除-80,000円

[諸控除のおもなもの]

○障害者控除・・・・・27万円

○特別障害者控除・・・40万円

○ひとり親控除・・・・35万円

○寡婦(寡夫)控除・・27万円

○勤労学生控除・・・・27万円

○配偶者特別控除・・・相当額

○医療費控除相当額・・相当額

○小規模企業共済等掛金控除・・・相当額

 

5.申請先

手当を受けるためには申請が必要です。総合相談支援課(「絆」東海村総合福祉センター内)で手続きしてください。

6.手続きに必要なもの
  • 認定請求書
  • 戸籍謄本(交付から1か月以内のもの)
  • 医師の診断書(指定の様式あり,障害者手帳の等級によっては省略可能である場合あり)
  • 身体障害者手帳,療育手帳,精神障害者保健福祉手帳(交付を受けている方)
  • 振込先口座申出書
  • 預金通帳等の口座番号がわかるもの(請求者名義のもの)
  • 個人番号がわかるもの(請求者とその配偶者,対象児童,扶養義務者のもの)
  • 前住所地の所得証明書(請求される年の1月1日時点で本村に住所がなかった方のみ)
  • 在留カード(請求者又は対象児童が外国籍の場合のみ)

 

【このページについてのお問い合わせ先】

総合相談支援課

TEL 029-287-2525

     

    より良いサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください。

    【質問1】 このサイトの情報は満足しましたか?(必須)

    【質問2】 お探しのページは見つけやすかったですか?(必須)

    【質問3】 その他、お気づきの点があればご記入ください。
    (個別にお問い合わせがある場合は,上記お問い合わせ先に直接ご連絡ください)