のびのび子育て帳

  • 文字の大きさをかえる

手当

児童扶養手当

児童扶養手当制度は,ひとり親家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し,子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。この手当は,児童の心身の健やかな成長のために支給されるものであり,この支給を受けた方は,その趣旨にしたがって手当を用いなければなりません。

支給対象

18歳に達する以後最初の3月31日(18歳の年度末)までにある児童で,以下のいずれかに該当する児童を養育している母または生計を同じくする父,父母に代わる養育者が対象です。

※個々のご家庭が支給要件に該当するかについては,ご相談ください。 

  1. 父母が離婚した児童
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 父または母が一定の障害の状態にある児童
  4. 父または母の生死不明の児童
  5. 父または母が1年以上遺棄している児童
  6. 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  7. 父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
  8. 母の婚姻によらないで生まれた児童
  9. 母が児童を懐胎した当時の事情が不明である児童

※公的年金(遺族年金,遺族補償,障害年金等)を受給している方は,手当の支給が制限されることがあります。

支給額

  全部支給(月額) 一部支給(月額)
第一子 42,500円 42,490円~10,030円
第二子 10,040円  10,030円 ~5,020円
第三子以降 6,020円

6,020円 ~3,010円

支給日

4月・8月・12月の各月11日

所得制限限度額

扶養親族等の数 平成29年度所得
請求者本人 扶養義務者・配偶者・養育者
全部支給 一部支給
0人   490,000円 1,920,000円 2,360,000円
1人   870,000円 2,300,000円 2,740,000円
2人 1,250,000円 2,680,000円 3,120,000円
3人 1,630,000円 3,060,000円 3,500,000円
4人 2,010,000円 3,440,000円 3,880,000円
5人以上 以下380,000円ずつ加算 以下380,000円ずつ加算 以下380,000円ずつ加算

 

支給を受けるためには

手当は,申請(認定請求)をしなければ受けることができません。ただし,婚姻の届出をしていなくても事実婚である等の理由により,受給資格がない場合があります。
なお,受給資格者や同居の扶養義務者(世帯分離含む)の前年の所得が一定額以上であるときは,その年度の手当の一部または全部の支給が制限されます。

※事実婚とは,①相手方と同居している,②相手方の頻繁な訪問があり,かつ金銭的な援助を受けている,の内いずれかの状況をいいます。ご不明な点は,子育て支援課までお問い合わせください。

認定請求に必要な添付書類

  • 戸籍
    請求する本人と児童の氏名・離婚日の記載があるもの
  • 銀行の預金通帳
    手当は口座振込で支給することになります。請求者本人以外の口座は使用できません。
  • 印鑑
    請求者本人のものが必要です。
  • 申請者と支給対象児童の個人番号が確認できる公的書類(個人番号カード,通知カード,個人番号入り住民票等)
  • 申請者の本人確認書類(申請者の個人番号カード,運転免許証等)
  • その他
    養育している児童と別居している場合や住民票の住所と実際に居住している住所が違う場合等,必要に応じて提出していただく書類があります。書類は窓口にありますので、ご相談ください。

【このページについてのお問い合わせ先】

子育て支援課

TEL 029-287-0896

 

より良いサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください。

【質問1】 このサイトの情報は満足しましたか?(必須)

 

【質問2】 お探しのページは見つけやすかったですか?(必須)

 

【質問3】 その他、お気づきの点があればご記入ください。